影武者 徳川家康 1巻

既刊4巻

影武者 徳川家康 1巻

-
700
慶長五年関ヶ原。家康は島左近配下の武田忍びに暗殺された! 家康の死が洩れると士気に影響する。このいくさに敗れては徳川家による天下統一もない。徳川陣営は苦肉の策として、影武者・世良田二郎三郎を家康に仕立てた。しかし、この影武者、只者ではなかった。かつて一向一揆で信長を射った「いくさ人」であり、十年の影武者生活で家康の兵法や思考法まで身につけていたのだ…。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊4巻

    編集部PICKUPシーン