シリーズ詳細

グレースは保安官の職を辞し、新たな人生を歩むつもりだった。しかし任務最後の夜、彼女は記憶喪失に陥った男性を保護してしまう。何か思い出そうとするたび頭痛に襲われる彼をほっておけず、献身的に世話をするうち、特別な想いが芽生えはじめる——ところが、身元調査の末、彼の正体はとてつもない大富豪実業家だったことが判明する。それでもグレースは、いまだ記憶の戻らない彼を支えつづけることにする。記憶が戻った瞬間、自分は“用済み”になると知りながら…。

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品