読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

マンガ詳細

「私は加賀屋先生にとってなんなのか」
担当としても、女としても思い悩む鹿子。
取材の仕事でやっと加賀屋に会えたものの、
そこで衝撃の事実を聞いてしまう。
鹿子に過去を知られてしまった加賀屋は-

加賀屋のベールが脱がされる、
恋と悲哀の第4集。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年9月11日14時44分

    なんだか凄く惹き込まれる作品。面白いです!早く続きが読みたいな。

  • みんなのレビューをもっとみる

    新刊通知設定

    通知管理をみる

    このマンガをシェアする

    シリーズ作品

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5

    同じ作者の他の作品