読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

マンガ詳細

小豆と美月がお互いに意識しているのに気づき2人の背中を押してあげた千花。自分の小豆への想いは押し殺したままで──。一方、自分の気持ちを自覚した小豆と美月。ついに2人でデートに行くことになりました。少しずつ距離を近づけていく中で、想いを抱えたままの千花の本音とは…!?

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2017年7月23日15時55分
  • ゲスト

    2017年7月6日22時41分
  • ゲスト

    2017年5月26日19時29分
  • みんなのレビューをもっとみる

    新刊通知設定

    通知管理をみる

    このマンガをシェアする

    シリーズ作品

    • 1

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5

    • 6

    • 7

    • 8

    同じ作者の他の作品