読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

マンガ詳細

みんなでクリスマスパーティーをした後、古閑くんの家で二人っきりになって、緊張のあまり心臓がバクハツしそうになっちゃった新奈。「嫌なら何もしないよ」って、古閑くんは言ってくれたけど、チューとかギューとかなら全然大丈夫なのにって、思ってたら…。「キスくらいならいいのにな~って、顔してた」。バレてた。そして…。

みんなのレビュー

  • Kome

    2015年3月10日01時02分
  • みり

    2015年3月11日23時34分
  • ゲスト

    2016年10月4日10時34分
  • みんなのレビューをもっとみる

    新刊通知設定

    通知管理をみる

    このマンガをシェアする

    シリーズ作品

    • 1

    • 1

    • 2

    • 2

    • 3

    • 3

    • 4

    • 4

    • 5

    • 6

    • 7

    • 8

    • 9

    • 10

    • 11

    • 12

    同じ作者の他の作品