Amebaマンガ
 
 
小説家の夢はケダモノの夢 7
小説家の夢はケダモノの夢 7

小説家の夢はケダモノの夢 7

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

これまでの全てを響平さん達に話し、拓斗と主犯は逮捕された。そして俺は少年院へ…。退院の日、成悟さんが迎えに来てくれていた。こんな俺に、「おかえり」と言ってくれた。でも俺は…。『小説家の夢はケダモノの夢』注目の最終巻!!

     

    みんなの感想

    もっと見る

    タップして評価しよう