Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
千秋楽まで待って
千秋楽まで待って

千秋楽まで待って

試し読み
 

歌舞伎の太夫である京也には、足繁く通ってくる客がいる。名家・国立一族の若き総帥の国立貴臣だ。人目もはばからず唇を重ねてくる国立のことを京也も憎からず想ってはいるものの、人気役者として簡単には落ちたくないというプライドからなかなか素直になれない。そんなある日、国立が美女と密会していると報じた週刊誌を見てしまい―――!?

     
     

    みんなの感想

    タップして評価しよう