Amebaマンガ
 
 
小説家の夢はケダモノの夢 6
小説家の夢はケダモノの夢 6

小説家の夢はケダモノの夢 6

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

拓斗が来てしまった。もう俺の正体がバレるのは時間の問題だ。俺は…どうしたらいい?もう誰も傷付けたくない。裏切りたくない。逃げ続ける日々から脱却したい。…変わりたい。そして成悟さんを、守りたい…!

     

    みんなの感想

    タップして評価しよう