はじめアルゴリズム(9)
はじめアルゴリズム(9)

はじめアルゴリズム(9)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

老数学者・内田豊は廃校で出会った、小5の少年・関口ハジメと。ハジメは、数学において天才的な才能があった。内田は彼の才能に惚れて、彼を数学の聖地であり自分が住む京都に連れて行った。そこでハジメは同世代の数学少年・手嶋と出会い、さらに数学の世界に入り込んでいくのであった・・・。世界の見え方が変わってくる、数学をちょっとやりたくなる、ワクワクする成長物語。 今巻では、ハジメと手嶋の数学共同作業、図形を「切る」と見えてくること、AIに触れたハジメが考えたこと、そしてハジメに芽生える初めての感情などなどを収録!

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう