Amebaマンガ
 
 
声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 13
声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 13

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 13

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、サヨリは金持ちに愛人を斡旋する男・瀬島の手に落ちる。チヌは大地主・公三郎を旦那につけるも、公三郎が抱える過去の秘密が元でまだ体を重ねていない。ある日、悪党の罠にハマりチヌは国外に売られそうになる。寸前で逃げ出しチヌは公三郎と再会を果たし、お互いの存在がかけがいのないものだと気づく。公三郎はチヌを身請けしようとするが、自分のせいで売られた姉を思い断る。一方、サヨリは高級妾から最下層の女郎小屋に堕ちてしまい…!?

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう