Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
雪花の虎 8
雪花の虎 8

雪花の虎 8

試し読み
 

強く気高い姫武将は“恋”をするか―― 天文二十二年(一五五三年)、秋。 景虎は京都上洛の道中、都を追われた時の将軍・足利義藤とその側近らと出会い、束の間の青春を謳歌する。 彼らと絆を結んだ景虎は幕府復権の手助けを約束。 義藤の側近・進士源十郎を伴い京、そして堺へと向かうことに。 そこでは、義藤と敵対する三好長慶とその義弟・千宗易(後の利休)が、景虎を“目利き”すべく待ち構えていた――― 狭い茶室で繰り広げられる、一触即発の神経戦。 そして、密かに進む武田の軍師・山本勘助による襲撃計画。 次々と襲いくる窮地に景虎は――!? 東村アキコが描く本気の大河ロマン。 女・上杉謙信一代記、動乱の最新第8集!

 
 

みんなのレビュー

タップして評価しよう