Amebaマンガ
 
 
作家、ドレイを飼う。
作家、ドレイを飼う。

作家、ドレイを飼う。

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

高校生の雄太は、駅でぶつかった男にケガをさせてしまう。男の名は西島ツバキ、職業・小説家。使えなくなった腕の代わりになって働けと、雄太はドレイのように毎日こき使われることに…! 今日の仕事は、ツバキが口述する文章を打ち込むこと。――んん? なにこの『ド』エッチな描写は…!!! 意地悪なツバキが淡々と口にする言葉にドキドキが高まってしまって!?

     

    みんなの感想

    タップして評価しよう