Amebaマンガ
 
 
終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(6)
終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(6)

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(6)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 《百夜教》の襲撃によって死を覚悟した仲間たちのために、禁忌である《鬼呪》の力を使い続けたグレンは、刀に宿る鬼についに体と心を支配されてしまう……。そんな彼を救うために、五士・美十・深夜は立ち上がる。だが、グレンの口から漏れたのは信頼する仲間たちへの哀しき願いだった――… [身を滅ぼしながらも抗う“破滅”の物語!]

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう