Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
蘭と葵 7
蘭と葵 7

蘭と葵 7

試し読み
 

愛しいあの人のぬくもりを、顔を、私はもう思い出せない――― 「徳川の跡取りを残す。」江戸城を去った蘭の言葉を胸に、家光は跡取りを残そうとする。お万の方との出会いにより無事跡取りを残すことができた家光。しかし、老いて病床にふせた家光は蘭の顔も思い出せなくなっていた。悲劇の連続だった家光と蘭の恋物語。果たしてふたりを待ち受ける運命とは――?

 

みんなの感想

5.0
レビュー数2
タップして評価しよう