Amebaマンガ
 
 
声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 12
声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 12

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 12

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の二番手娼妓となり、サヨリは金持ち相手に愛人を斡旋する男・瀬島の手に落ちる。チヌは大地主・公三郎を旦那につけるが、ある日、東陽楼を陥れようとするマァ坊の罠にハマり、姿を見せなくなった公三郎。彼の力になるため、チヌはマァ坊に話を聞きにいくが外国に売られそうになり、寸前で逃げ出し公三郎と再会するのだった。そのころマァ坊は、母が死に父親である辻堂の家に引き取られ、妾の子として差別され育ったことを吉祥に語るのだった。

 

みんなの感想

4.0
レビュー数1
タップして評価しよう