Amebaマンガ
 
 
小説家の夢はケダモノの夢 5
小説家の夢はケダモノの夢 5

小説家の夢はケダモノの夢 5

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

いつも怖かった。捨てられて、一人になる事が。誰にも必要とされず、誰の記憶にも残らず、この世に存在している事が。だから成悟さんの言葉が本当に嬉しかった。自分が産まれて来た事、赦されたみたいで…。この人の中にはちゃんと…自分が生きている。だのに俺は、これから成悟さんを裏切ろうとしている。そうする以外の生き方を、俺は…知らない。

     

    みんなの感想

    もっと見る

    タップして評価しよう