Amebaマンガ
 
 
いのちの器 78
いのちの器 78

いのちの器 78

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

父の跡を継いで安曇野で産婦人科医院を開いている響子先生。その三男で、東京で下宿生活を送る五郎が「話がある」と言って帰ってきた。てっきり彼女と結婚したいという話だと思ったら、なんと五郎は「養子に行きたい」と言い出して…?

 

みんなの感想

タップして評価しよう