Amebaマンガ
 
 
白妖の娘 4
白妖の娘 4

白妖の娘 4

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

白妖の呪により旱魃に悩む京。内大臣に雨乞いを命じられた阿倍泰親は弟子の直を助手に選び、摂政は玉藻(十鴇)に祭祀を託した。雨乞い対決の結果は!? そして、敵対しながらも想い合う直と十鴇に、ついに運命の刻が……!! 木原敏江版「玉藻の前」の物語、感涙の完結巻!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう