Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
八雲さんは餌づけがしたい。 7巻
八雲さんは餌づけがしたい。 7巻

八雲さんは餌づけがしたい。 7巻

試し読み
 

【貴方のために、毎晩お味噌汁を作らせてください。】アパートにひとり暮らしする未亡人・八雲柊子の趣味。それは隣部屋に住む高校球児・大和を、密かに”餌づけ”する事だった。多感な高校生はひとつひとつの出来事を沢山吸収! 春から毎日見ていても、気づいたらとっても成長して男らしくなっているんです。だから、秋の夜にあたたかいご飯を君に――。(C)2019 Satomi U

 

みんなの感想

タップして評価しよう