Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
それでも世界は美しい(21)
それでも世界は美しい(21)

それでも世界は美しい(21)

試し読み
 

今はなき氷の王国の姫、ウルスラの過去――。身分差ゆえにすれ違う想い、近づく戦火の足音。徐々に崩れゆく「普通」の女の子だった彼女の幸せを決定的に蹂躙したのは、晴れの大国少年王・リヴィウスだった。彼女(ウルスラ)の心の行きつく先は――?

 

みんなの感想

タップして評価しよう