Amebaマンガ
 
 
グラップラー刃牙 7
グラップラー刃牙 7

グラップラー刃牙 7

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

その男の55歳の肉体は、瑞々しく、拳は重く、そして速く、太い筋肉には無限の破壊力が秘められていた。愚地独歩。神心館館長。武神と呼ばれ、生きながら伝説となったこの天才拳士が、“最強の生物”に襲いかかる。その時、刃牙が目にしたものは―-!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう