Amebaマンガ
 
 
イジメの時間 (10)
イジメの時間 (10)

イジメの時間 (10)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

必死の謝罪も歩には響かず、自らに死が迫っている事を実感した鈴木山は一人これまでの人生を振り返る。しかし殺人決行の日は容赦なく訪れるのだった。

 

みんなの感想

タップして評価しよう