Amebaマンガ
 
 
らぶきょん~LOVE in 景福宮(24)
らぶきょん~LOVE in 景福宮(24)

らぶきょん~LOVE in 景福宮(24)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

入院しているチェギョンを見舞うユルは、彼女がもう走ることができないかもしれないと聞き、自責の念にかられる。そして、母である皇太后がチェギョンの事故に関わっていると疑う。愛するチェギョンの顔さえ見られなくした母上をどうしたら止められるのか……どこかに消えてしまってもう二度と会えなくなればいい?その頃、宗親たちが陛下に前代未聞の提案を持ちかける。それは義誠大君を東宮に迎えるということ。シンの父である陛下は王室を守るべくシンに重大な決心を迫る……。あたしたち付き合っちゃおうか?皇太子とか宮中とかぜんぶ忘れて。シンを背中から抱きしめる松葉杖姿のチェギョンは言う。あたしたちの年頃の子が普通にやっているみたいな、そんなつきあいしてみない?だが、結婚を前提としてない恋愛など考えたことはないというシンと、気持ちはどこかスレ違ったまま……。チェギョンの母親は二度と王室と関わりたくない、とシンに釘を刺す。近所にいい物件出たら教えてくれるか?チェギョンのそばで暮らすんだ。チェギョンへの優しい眼差しとともに語られるシンのささやかな希望。あれほど求めていたものが手に入ったというのに鈍色の曇り空のようなやるせないユルの感情。我が子と王室の狭間で揺れる陛下。明暗をわける王室メンズのコントラストにドラマティックな幕切れを予感!!ゆるぎない愛を交わし合うシンとチェギョンからもうひとときも目が離せないロイヤルウェディング狂騒ノンストップ絵巻、第24巻!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう