Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
下から、甘噛み。【マイクロ】 2
下から、甘噛み。【マイクロ】 2

下から、甘噛み。【マイクロ】 2

試し読み
 

「なんで、俺じゃねぇんだよ…っ」私は_匠兄が好きなのに…、肌に触れた熱も、唇の感触も、耳に響く言葉も、私に残るのは全部、巽のもの。弟みたいな巽の気持ちに応えることはできないけど、そばにいてくれることは嬉しい私。絡んではほつれて、結びつくことのないこの気持ちの行き場はどこ?

 

みんなの感想

タップして評価しよう