Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
エロトマニアックプレイ(2)
エロトマニアックプレイ(2)

エロトマニアックプレイ(2)

試し読み
 

保健医を勤める色男・野田は生粋のゲイで遊び人だ。ところが最近は気に入りの相手がことごとく捕まらない。夜毎フラストレーションを溜めていく野田の前に現れたのは、ミステリアスな青年・紫苑だった。「無駄だよ、今日も俺が邪魔するから」どうせ逆恨みか何かだろう。鼻で笑い無視しようとした野田の隙をついて押し倒し、さらには両手を拘束した紫苑が、恍惚とした表情で語りかける。俺、巧いから寝っ転がってるだけでいいよ。その言葉通り、タチ専であるはずの野田の体は、あっという間に溶かされていき……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう