Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
この距離、その温度。 6 ―さよなら、秘密基地―
この距離、その温度。 6 ―さよなら、秘密基地―

この距離、その温度。 6 ―さよなら、秘密基地―

試し読み
 

特別教室棟の2階一番端は、ふたりの秘密基地。不要なものはモノも人も捨てられる「わたし」だけど、会うたびに違う女子といる「キミ」のことはなんだか許してしまって…。名前も知らないふたりの交流を描いた傑作読みきり。巻末には描きおろしを収録!

 

みんなの感想

タップして評価しよう