Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
罪と罰
試し読み
 

天才漫画家、ひさうちみちお。1976年、パリの公衆便所で客を漁る美男子を主人公にした『パースペクティブキッド』が「ガロ」新人賞に入選し、その後は同誌を中心に活躍。80年代にはニューウエーブ漫画の騎手として脚光を浴び、常識を覆す手法で漫画界に衝撃を与えた。単行本処女作となった『罪と罰』には10本の短編が収録されており、淫らでアートな世界が描かれている。天才漫画家、ひさうちみちおの素晴らしき官能ワールドをご覧あれ!【目次】罪と罰職員会議イノセント生まれいずる悩みご家族の肖像女博士の異常な愛情赤い殺意は他人の顔か!?探偵物語etc

 

みんなの感想

タップして評価しよう