Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
深夜のコーヒーはブラックで。【分冊版】4
深夜のコーヒーはブラックで。【分冊版】4

深夜のコーヒーはブラックで。【分冊版】4

 

【この作品は同タイトルの分冊版です】「俺の愛人として囲われて就職も家賃も生活費も、ぜんぶ俺に面倒をみられていればいい」恋人・智に応援され、すみれは就職活動やバイトをがんばるがついに倒れてしまう。すると智はこれ以上無理をさせたくないと、すみれに自分の会社で働いてほしいと言い出す。彼はなんと、一流レストランチェーンの御曹司だった…! 社長の御曹司に甘やかされるだけの、なんの取り柄もない自分がみじめに思えてすみれは…?

 

みんなの感想

タップして評価しよう