Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
深夜のコーヒーはブラックで。
深夜のコーヒーはブラックで。

深夜のコーヒーはブラックで。

試し読み
 

「すみれが忘れられない。…今晩、泊めて?」会社にリストラされ彼にも捨てられたすみれは、ある晩、酒の勢いと自棄な気持ちから見ず知らずの年下のイケメンとベッドをともにする。一夜かぎりの関係と思っていたのに、料理人だという彼・智はその後すみれの部屋を訪れては、美味なオムレツや上等な肉、エビ、甘すぎるキスなどでどんどんすみれを甘やかす! 恋人でもないのに、智は夏休みにすみれの実家にまでついて来るなんてどういうこと!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう