Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
サムシング・ブルー
サムシング・ブルー

サムシング・ブルー

試し読み
 

明日は結婚式という日に婚約破棄された凛。ひとり喫茶店で泣いていると、男物の青いハンカチがさしだされた。やさしい人かと思ったら、イケメンの彼はエラそうに「女性がひとりで泣いているのはみっともない」なんて言う。なんなのこの人!? でも彼が凛に声をかけてきた理由はすぐに明らかになった。「私も婚約を解消されたんです。あなたよりほんの少し前に。」出会うはずのなかった二人は、互いにまだ捨てられない婚約指輪を交換し、奇妙な「同志」として互いを励ましあうことになり…?

 

みんなの感想

タップして評価しよう