Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
透明な微熱
透明な微熱

透明な微熱

試し読み
 

「好きで好きでたまらない」そんな恋を私はまだ知らない。だから、彼からのデートの誘いもどこか他人事のような気持になってしまう。けど、なんでだろう、彼の「好きな人」の話にもやもやしたり、その人のことを想う彼を想像すると心がちりちりしてしまうのは――。

 

みんなの感想

タップして評価しよう