Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
鉄鼠の檻(5)
鉄鼠の檻(5)

鉄鼠の檻(5)

試し読み
 

――兄様、御免なさいね――。あれはあの世のものじゃなかったのだ。しかしこの世のものでもなかったのだ。「松宮鈴子に憑いた大禿を――落とそうと思う。」ついに動き出した闇を纏う陰陽師。明慧寺に潜む謎、了稔が張った結界。現れる真の貫主、そして明らかにされる殺人の動機。京極夏彦の超大作ミステリコミカライズ作品、ここに堂々完結!

 
 

みんなの感想

タップして評価しよう