Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
セキララにキス(8)
セキララにキス(8)

セキララにキス(8)

試し読み
 

結之助が特訓の条件にした“コンクール5位以内”には入れなくて、千歳は“悔しい”という気持ちを初めて知る。その後、迎えた初バレンタインは、樹の部屋で過ごすことに! 想いが溢れて止まらない樹を千歳は思わず拒絶してしまう。気まずい雰囲気になる2人だったけど、お互いに本音を伝え合って、絆は前よりさらに深まることに! そして春になり、千歳たちはついに受験科へ進級して……!?

 

みんなの感想

3.8
レビュー数6
タップして評価しよう