Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
はじめてのひと 3
はじめてのひと 3

はじめてのひと 3

試し読み
 

はじめて愛したひとは好きになってはいけないひと―― わかっていたけれど離れられなかった 誰にも内緒で好きでいれたら うちのめされ逡巡しながら 16才年上のチェリスト・諏訪内(すわない)と絵画修復士・与(くみ)の過ごした季節―。 叔母の残した缶に秘められた想い。仕事に生きるさとこのこれから。“はじめて”をめぐる珠玉の連作集第3巻!

 

みんなの感想

タップして評価しよう