Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
惑星クローゼット (2)
惑星クローゼット (2)

惑星クローゼット (2)

試し読み
 

ふと目が覚めたら布団の上で、「あ~夢だったのか。」って。そうならどんなにいいだろ。でも、私が望んでる現実って、どこからどこまでなんだろ。認めたくない現実が大きいのに、それでも私は、あなたとの出逢いだけは本物でありたいと願った。女子2人、人喰い惑星“絶望”来襲!!!

 
 

みんなのレビュー

タップして評価しよう