Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
しまなみ誰そ彼 4
しまなみ誰そ彼 4

しまなみ誰そ彼 4

試し読み
 

力になる。側にいる。未来への小さな望み。 末期ガンで入院中のパートナーの見舞いに通う、 「談話室」メンバーのチャイコさん。 そんなチャイコさんが思い出として語ったのは、 「無色透明でありたい」と決心した頃の 若き「誰かさん」の姿だった。 一方、結婚式を控えた早輝は、同性愛者 であることを両親に暴露されてしまう。 そのきっかけとなった己の父親に対する 憤りを隠さない椿の様子に、たすくは…。                      尾道を舞台に鎌谷悠希が描く 性と生と青春の物語、感動の最終巻。

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう