Amebaマンガ
 
 
もっと触って、いっぱい入れて
もっと触って、いっぱい入れて

もっと触って、いっぱい入れて

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

彼が淡白すぎるのか、私がエッチなのかわからないけど、普通のエッチではなんだかとっても欲求不満なの。彼が犬の散歩をしているときでさえ、かわいがられている犬を見て嫉妬しちゃう。あんなふうにメチャクチャに全身触られたら…そう思うだけで、私のカラダは熱くなっちゃう。

 

みんなの感想

タップして評価しよう