Amebaマンガ
 
 
窓辺の君
窓辺の君

窓辺の君

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

美しい君に恋をした。「俺、せんせーに興味あって」見ているだけで楽しくて、私の恋はそれで充分だった…はずなのに。「してやるから、もう喋るな」30代半ば、ゲイであることを卑下している内向的な大学助手が明るくおバカで遊び慣れた大学生に片思い。ずっと憧れだった彼が突然目の前に現れ、外見と中身のギャップに愕然とした上に想像もつかなかった交流がはじまってしまった。

     

    みんなの感想

    4.2
    レビュー数5
    タップして評価しよう