Amebaマンガ
 
 
ちっぱい彼女と美人彼氏8
ちっぱい彼女と美人彼氏8

ちっぱい彼女と美人彼氏8

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「感度いいんだな?もうこんなになってる」「やあっ、変な声出ちゃう!」奏太の長い指が、伊織の敏感なトコロを掻き回して…男の子っぽく、胸が小さいことにコンプレックスを抱いていた伊織が、密かにココロ寄せているのが、同じカフェで働いているパティシエの瀬戸奏太。自分なんて眼中にない、と思っていたら突然、奏太に告白され、唇を奪われた伊織。初めて見る、奏太のいきり立ったモノ!?女性みたいな美しいルックスの奏太君が、こんななんて―――!!線の細さとは裏腹に、強引に舌を這わせてきて…「やだ、私恥かしいよう。でも奏太君のは全然イヤじゃない…」

     

    みんなの感想

    もっと見る

    5.0
    レビュー数4
    タップして評価しよう