Amebaマンガ
 
 
小説家の夢はケダモノの夢 3
小説家の夢はケダモノの夢 3

小説家の夢はケダモノの夢 3

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

未だに成悟さんが何故俺を抱くのか解らないけれど、俺にとってこの家は確実に居心地の良い大切な場所になっていた。だから…拓斗に命じられた「仕事」をなかなか実行できない。ある日、大雨でビショ濡れになった俺が浴室を使わせて貰っていると、着替えを持って来てくれた成悟さんに裸を見られてしまった。俺の体には拓斗に殴られて出来た痣が…。

     

    みんなの感想

    もっと見る

    タップして評価しよう