Amebaマンガ
 
 
Bar白色天 女と男 欲望の百物語 14
Bar白色天 女と男 欲望の百物語 14

Bar白色天 女と男 欲望の百物語 14

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「ああ、せめて恋くらいしたかった―」。40歳の誕生日、私の前に現れた不思議な店・Bar白色天。翌日、私は突如3人の男に告白され…。「さあ、あなたは誰と恋をする?」。群れることで自分を守ってきた女、ひとりの男の妻でい続けられない女、様々な女に言い寄られ、辟易している男…。今宵も白色天は現れる。人々の欲望を叶えるために…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう