Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
先生とぼく(1)
先生とぼく(1)

先生とぼく(1)

試し読み
 

野島祐也がいつものように学校から帰宅すると自分の部屋に知らないお姉さんが。母親の知り合いの紹介ということでやってきた大学生の家庭教師だったが、同級生とは大きく違う大人の女性にどう接していいかわからず、戸惑う祐也の成績は伸び悩むばかり。一方、結果がでない状況に責任を感じていたお姉さんは思い悩むあまり、次のテストで成績が上がれば胸を触らせてあげることを提案。言葉に詰まる祐也に対し、自分が口走ったことの意味を考え直すお姉さんだったが、次のテストでは祐也の成績は向上。あくまでご褒美として…上着を脱いだお姉さんの胸は祐也が想像した以上に柔らかく…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう