Amebaマンガ
 
 
飼い犬は手を噛まない 第4話
飼い犬は手を噛まない 第4話

飼い犬は手を噛まない 第4話

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

傷心の小鹿(おじか)を優しく抱きしめ、甘い言葉で肯定する湯屋(ゆや)。そんな湯屋に癒され、改めて恋心を自覚する小鹿。そして、身も心も蕩けるセックスの後――『ずっと俺の傍にいて? 小鹿(こじか)ちゃんの意思で』そう囁いた湯屋の表情は、熱っぽくもどこか切なげで……。“湯屋さんと一緒にいたい。でもそれって、ペットと同じなんじゃないのか?”このままで良いのかと思い悩む小鹿。彼が出した答えとは――!?綺麗なお兄さんにひたすら愛されるシェアハウス・あまとろラブ、クライマックス!

 

みんなの感想

タップして評価しよう