Amebaマンガ
 
 
ワケあり女子白書 vol.4
ワケあり女子白書 vol.4

ワケあり女子白書 vol.4

 
 
 
 

作品紹介

ちょっと運命の歯車が狂っただけなのに“闇”に足を踏み外してしまった“ワケあり女子”たち。平凡な人生を歩む、世の女性たちが一生体験できないような“ワケあり女子”たちの壮絶な生き様を収録した人生阿鼻叫喚コミック誌、第4号では、W新連載スタート!! 新連載「拷問給食」(和田海里)10年前のあの仕打ち、絶対に忘れない!! 小学生時代、いじめられっ子だった七海が、中学入学後、友達になった美咲は嫉妬深い女だった。自分のお気に入りの先輩と親しくする同級生の綾が疎ましい美咲は、クラスの嫌われ者、橋本を脅し、綾をストーカーさせるが…。 新連載「カラダ売りの主婦たち」(あらき未紗)満たされないセックスレス主婦が知ってしまった女の歓びとは…!? 新婚早々、夫とすれ違いになった美由紀は、あるパーティをきっかけに、愛がなくても感じる身体の歓びを知ってしまう。主婦たちの様々な性と愛の形を探る!! 大人気「私は子連れおっパブ嬢 」(池田ユキオ)第4話!偶然、客としてやってきた夫の部下に、口止め料を奪われた上にレイプまがいの行為を強要される葉子。悪夢の連鎖の中で、家庭でもおっパブでも傷を重ねていくばかり。自分の無力さを嘆き、愛する娘にさえ見下される恐怖と絶望の中、一つの出会いが、運命の歯車を動かしてゆく…。 特別読み切り、禁断の吉原復讐絵巻「毒花魁 恨み炎獄」(井出智香恵)男たちの金と身分だけを愛する、吉原一の花魁、千早太夫。大店の跡取り息子、与吉が身請け間近とも噂される、今を盛りと匂い立つ色香に艶やかな美貌。息子とその父とさえ、まぐわう女の冷えたその躯の奥底で燃え盛るのは、たとえ人の道を外れても晴らしたい、恨みの業火だった…。オール描き下ろし!崖っ淵で喘ぐ女たちの魂の叫びを聞け!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう