Amebaマンガ
 
 
スキップするように生きていきたい
スキップするように生きていきたい

スキップするように生きていきたい

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

心はつねに「ご機嫌で」生きていきたいものですね。山椒ぴりこは、5歳の娘こつぶと、出版社営業勤務の夫 しびれさんとの3人家族。のんびりうっかり屋のぴりこのことが心配なのか、天国のおばあちゃんがいつも空からするどく観察しています。とくになんということもないけど、かけがえのない平和な毎日。ちょっと悲しいことがあっても、まるで「スキップするように」人生をできるだけご機嫌に生きていきたい。そんなぴりこの日々を、ていねいなタッチでじっくり描きます。

 

みんなの感想

もっと見る

2.0
レビュー数1
タップして評価しよう