Amebaマンガ
 
 
木曜日は悪意のロベリア
木曜日は悪意のロベリア

木曜日は悪意のロベリア

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「いっぱい出してくださいね」――宿を求め訪れた屋敷で男を出迎えてくれたのは貞淑なメイド。美しい花が不穏な気配を放つ屋敷で男は何故か意識を失い、気付けば先ほどのメイドが己の下半身を介抱する姿があった。そそり立つ陰茎を自ら柔らかな秘部で飲み込み何度も何度も何度も何度もメイドは男の精液を受け止め愉悦の笑みを浮かべる。疑心と快感の中で男が目にしたメイドの目的と正体とは…

     

    みんなの感想

    もっと見る

    タップして評価しよう