Amebaマンガ
 
 
上司の羞恥調教II 美貌の秘書は性の玩具に
上司の羞恥調教II 美貌の秘書は性の玩具に

上司の羞恥調教II 美貌の秘書は性の玩具に

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

その夜、私は純白の透き通るランじゃリーを身に着けた。ここはランジェリーショップ下着倶楽部。店の奥の地下へと続く秘密の階段を下りると美しい扉が現れる。その扉を開くとその奥では、高級な身なりをして仮面で顔を隠した男女がステージの周りでくつろいでいた。カーテンが開かれ、これから始まる特別なショーとは…。1人目のロビンは客席に向かって腰を突き出し四つん這いになり、オ○ニーを始めた。「さあ、お前の出番よ」飛び込んできたのは好色で残虐な光を浮かべた目。視線に応えるように乳首が上を向き下腹部に熱いうねりが込み上げる。私は客に向かって脚を開いて崩れ落ちる…。

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう