Amebaマンガ
 
 
花の窟
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

【この作品は『夢幻伽藍』にも収録されています】「絡みつくのは黄泉の女神の白き腕」―修学旅行の最中にフェリーから落ちた俺は、目が覚めたとき黄泉の女神・イザナミを祀るという「花の窟」に監禁されていた。ずっと前からそこに一人で住み続けている美少年・菜々生によると、そこは黄泉の国で一度踏み入れたら二度と外の世界には出られないらしい。冗談じゃない! こんな退屈な場所から早く出てやるぜ…! でも、菜々生はどうやら俺に外の世界にはどうしても行ってほしくないらしく…? そんなある日、偶然にも菜々生のオナニーを目撃した俺は、彼からその白い腕を身体にまわされ、離れたくない、と告げられ…!?

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう