Amebaマンガ
 
 
脚フェチ独占契約
脚フェチ独占契約

脚フェチ独占契約

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「俺は好みの脚であればあるほど欲情するんだ」「凄いっ…カタいのがズンズンきてるっ」――憧れのイケメン写真家・戒(かい)先生が仕事を受けてくれる秘密の条件は、撮影1回ごとに私を抱くこと!? しかも見初められた理由は私の美脚で…! 先生に舌で、唇で、脚をくまなく愛撫されて抱かれる日々…。嬉しい反面、先生が大事なのは私の脚だけなのだと思うとフクザツな気持ち。そんなある日、突然先生から秘密の条件を白紙にするというメールが来て…?

 

みんなの感想

もっと見る

5.0
レビュー数3
タップして評価しよう