Amebaマンガ
 
 
満員車両連れ込み密着プレイ(分冊版) 【第5話】
満員車両連れ込み密着プレイ(分冊版) 【第5話】

満員車両連れ込み密着プレイ(分冊版) 【第5話】

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

通勤のため電車に乗ろうとした駅のホームで大胆に転んでしまった沙紀。痛みと恥ずかしさで立つことすら出来ずにいた彼女に優しく手を差し伸べたのが早瀬だった。その一瞬で早瀬にひと目ボレをしてしまった沙紀は思い切って告白をする事に――。「気持ちはうれしいけどオレ君のこと……あまり知らないし……」一大決心の沙紀にとってこれはどうしても諦められない恋……。「なんでもするから」と早瀬に懇願する沙紀だが、沙紀の言う「なんでも」と早瀬の思う「なんでも」には大きな違いがあり――?

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう